バスケすごいぜ!

バスケ好きからバスケプレーヤーまでみんな集まれ

バッシュ

ミニバスのバッシュはこれで決まり!おすすめ7選

投稿日:

ミニバス バッシュ

子どもが大きくなるにつれて、パパやママは習い事を考えると思います。

小学校ぐらいになると、バスケ好きのパパやママは「うちの子ミニバスやらないかな」なんて考える方もいらっしゃるでしょう。

ミニバスを始めるのであれば、必ず必要になるのが「バッシュ」ですよね。

皆さんは自分でバッシュを選ぶことが出来ますが、子どもは自分でバッシュを選ぶことが出来ません。

そこで、ミニバスを始める子どもにおすすめのバッシュをご紹介いたします。

ミニバスについて

最初にミニバスについて、ちょっとご紹介しようと思います。

ミニバスは「12歳以下の小学生が行うバスケットボール」のことを言います。

全国には、男子女子あわせて約9,000チームの15万人が選手として登録しています。

ミニバスって「バスケを始めたい小学生のため」、「中学校でバスケ部に入部しすぐにレギュラーとして活躍したいと考えている」などパパやママは考えてしまうかもしれませんが、ミニバスの特徴を理解しておかなければいけないと思います。

ミニバスの特長で知っておけば間違いないことは以下になります。

  • ボールサイズ
  • クォーター時間
  • プレイヤーの出場規制

ボールサイズは「5号ボール」と言われる、バスケットボールを使用します。

ミニバスの試合は、4回に分けて試合をすることになり1回あたりの時間は6分(1クォーター)になります。

4クォーター制で行われる試合ですが、第3クォーターまでに10人のプレイヤーを出場させなければならず、連続して3クォーターは出場できないというルールもあります。

また、クォーター途中でのプレイヤーの交代はできず、第4クォーターのみ、タイムアウト時にプレイヤーの交代が認められています。

したがって、どのプレイヤーにも少なくとも1クォーターの出場は保証されているので、自主性や自立性を養う機会が与えられると言います。

ミニバスをやってきたパパやママさんも多いと思いますが、当時とはルールなど若干かわってきていますので、いま一度、ミニバスについて考えると面白いと思います。

ミニバスのバッシュはこれで決まり!おすすめ7選

お子さんの足のサイズを知っていればいいですが、足のサイズなんてすぐに大きくなってしまい良くわからない方たちがほとんどです。

あくまでも目安になりますが、小学生の平均的な足のサイズは以下のようになります。

  • 小学校1年生:19cm
  • 小学校2年生:20cm
  • 小学校3年生:21cm
  • 小学校4年生:21.5cm
  • 小学校5年生:22.5cm
  • 小学校6年生:23cm

上記を参考にして、一度お子さんの今の足のサイズを測ってあげてください。

そして、つま先が指一本ぐらいの余裕のあるバッシュを選んでみると良いでしょう。

そんなミニバスでおすすめのバッシュを下記サイトからまとめてみました。

是非とも参考にしてみてください。

低学年用おすすめ

1.ダンクショット MB 8

ダンクショット MB8

ダンクショット MB 8は、日本ミニバスケットボール連盟が推奨するジュニア用バッシュです。

ジュニアの動作を分析して作られたバッシュで、足首まわりの保護機能と可動性など、推奨するだけあって満足のいくバッシュだと思います。

カラーが豊富で、小学校1年生でもサイズがあるのでおすすめです。

商品詳細

商品名:ダンクショット MB 8
サイズ:19~25cm
シューズタイプ:ミドルカット
カラー:ホワイト×アクア、ホワイト×ブラック、ホワイト、ブラック
重量(片足):約205g(20cm)
参考価格:7,452円

2.ルーキーBB4

ルーキーBB4

ルーキーBB4は、ミニバスを始める子ども達に作られたミズノのバッシュです。

衝撃を吸収する「EVAミッドソール」や蹴りだしやすい構造、履き口のやわらか素材など、初めてバスケをする子どもにピッタリかもしれません。

商品詳細

メーカー名:ミズノ
商品名:ルーキーBB4
サイズ:19~25cm
カラー:ブラック×ホワイト×オレンジ、ネイビー×ホワイト×ブルー、ホワイト×ネイビー×レッド、ホワイト×ライトブルー×イエロー、レッド×ブラック×ゴールド、ブラック×ピンク×ダークグレイ
重量(片足):約275g(24cm)
参考価格:7,020円

3.SPG DRIVE K

SPG DRIVE K

SPG DRIVE Kは、軽量で通気性に優れたメッシュアッパーを採用したジュニア用バッシュです。

最高のポイントガード用に作られたとも言われています。

シューズサイズが17cmからとなっていますので、お子さんにあったサイズを探すことが出来るでしょう。

商品詳細

メーカー名:アディダス
商品名:SPG DRIVE K
サイズ:17~25cm
カラー:コアブラック、ランニングホワイト
重量(片足):約215g(20cm)
参考価格:7,549円

高学年用おすすめ

4.ゲルプライムショット SP4

ゲルプライムショット SP3

高機能を搭載したミニバス初心者向けモデルがアシックス「ゲルプライムショット SP4」です。

サイズが22cmからですので、高学年向けとなっています。

少々、細身のバッシュとなっていますので、一度履いてみるのが良いでしょう。

商品詳細

メーカー名:アシックス
商品名:ゲルプライムショット SP4
サイズ:22~26cm
カラー:ホワイト×ファントム、ブラック×クラシックレッド
重量(片足):約265g(23.5cm)
参考価格:9,720円

5.チームハッスル D8

チームハッスル D8

ナイキのジュニア用バッシュ「チームハッスル」は、試合のために作られたバッシュと言われています。

2017年春モデルですが、まだまだ根強い人気です。

軽量でなおかつ、つま先からかかとまでのクッショニングを体感できるでしょう。

商品詳細

メーカー名:ナイキ
商品名:チームハッスル D8
サイズ:22.5~25cm
カラー:ホワイトブラック
重量(片足):-
参考価格:16,200円

6.カイリー4 "Flytrap"

カイリー 4 Flytrap

NBAプレーヤー「カイリー・アービング」のジュニア用バッシュです。

すばやい動きに対応できるようデザインされたこのバッシュは、かかとに搭載された高反発のZoom Airクッショニングが負荷を受け止めてくれます。

さすがナイキですね。

商品詳細

メーカー名:ナイキ
商品名:カイリー4 "Flytrap"
サイズ:22.5~25cm
カラー:ブラックホワイト
重量(片足):-
参考価格:8,640円

7.UAグレードスクールトーチミッド

UAグレードスクールトーチミッド

UAグレードスクールトーチミッドは、アンダーアーマーのジュニア用バッシュです。

ブルーカラーとレッドカラーの2種類のバッシュがあり目立つこと間違いありません。

通気性と甲部分への柔らかな足当たりがよく、マイクロGミッドソールが爆発的な反発力をもたらしてくれると言います。

商品詳細

メーカー名:アンダーアーマー
商品名:UAグレードスクールトーチミッド
サイズ:22.5~25cm
カラー:ブルー、レッド
重量(片足):-
参考価格:9,180円

まとめ

ミニバスのバッシュについていかがでしたか。

ミニバスを始める子どもに対して「バッシュは、なんでもいいだろう」だなんて思わないでください。

とくに小学校1年~3年生ではバッシュが限られます。

必ず履いてみて、「くるぶし付近が痛い」「横幅がきつい」とかを確認してあげましょう。

まだまだ子どもですので、しっかりとサポートしてもらって、元気に楽しく、時にはアグレッシブにミニバスをやってもらいたいものです。

  • この記事を書いた人

バスケおじさん

バスケを愛し20何年、辞められずいまだにバスケプレーヤーとしてやっています。 長年バスケを経験しているからこそ分かる事もあります。 そんなバスケで役立つ情報をお伝えしていきます。

-バッシュ

Copyright© バスケすごいぜ! , 2018 All Rights Reserved.